簡単な節約は保険の見直しだった?

消費税が8%となり、いよいよお小遣いも厳しくなってきました。
当然ながら、我が家でも節約が始まっています

真っ先に考えられたのが毎日の食費を見直すことでした。
そこで思ったのが、家計簿をしっかり付けておくことでした。
妻に聞いても大雑把な家計簿で細かいチェックまではできません。

そこで、1日1000円というルールを作って食費を考えることにしました。
まずはこれで一ヶ月やってみてどれくらいの節約になるのか検証中です。

で!節約についていろいろ調べていたら
保険を見直すことでも節約になることが分かってきました。

考えてみると、今自分が入っている保険って
どんな保険で、どんな保障内容かなんて良く分かっていません。

何でもファイナンシャルプランナーという専門家に相談する
保険の見直しと共にライフプランも見直せるようです。

今まで、保険のおばちゃん?に相談していましたが
ファイナンシャルプランナーの方にも相談してみようと思います

有料で高い料金がかかるのか?と心配していたら
FPの無料相談が申し込めるサービスがあるそうです。

自分の保険とあわせライフプランも見てもらおうと思います。
 
 

家計簿の節約にポイントが高いのが!

節約というとどんな節約を考えますか?
毎月、給料日前の家計簿は気が重くなります。

節約にもいろんな方法があると思いますが
無駄遣いを無くす!」
は誰もが考える家計簿の節約の心構えですね。

でも、実際にどんな無駄遣いがあるんでしょうか?

それは、もしかすると
家族が生活するのに必要な出費に対して
無駄遣いという考え方を付けて
無理に削ろうとしていませんか?

その前に、
家計簿の節約に第一に取り組んだ方がいい
項目があるんです。

それが『保険』です。

当たり前に支払っている保険料
今までに何回見直しをしましたか

人生の節目に保険を見直すことで
家計簿の節約と同時に家族の保証も見直せるんです。
 
 

保険の見直してしなくては!

本当なら
保険の見直しは定期的にやったほうが
言いといわれますよね。

その時期といえば
子供の成長に合わせて見直すタイミングが
あると思います。

さらには、
独身女性の場合、25歳くらいで
自分の人生設計から見直すタイミングが
あると思います。

家計簿の見直しでも
この保険の見直しはとてもポイントが
高いですね!

そのためには
FP(ファイナンシャルプランナー)さんに
相談するのが一番いいようです。
 
 
 

がん保険をアフラックに統一しても!

がん保険はアメリカンファミリーに統一しています。
というのも、
ガン家系ということで、私が学生のときに
母がアメリカンファミリーに加入して
そのまま掛け続けていました。

それに気がついたのが、
結婚して妻と保険の見直しをしているときに
そ〜いえば!と母が取り出してきたわけです。

アフラックのがん保険の場合、
加入した年齢が早ければ早いほど保険料が安く、
その後は、ず〜っとその保険料で継続できます。

見直したときに、さらにがん保険の枠を広げ
おまけに、他社の終身保険もアフラックに乗り換えました。

それから、数年立ちますが、
このところ見直しが必要かと思い始めています。
がん保険はいいのですが、
生命保険のプランがこのままでは弱い気がしています。
だからといって、保険を掛けすぎるのも良くありませんね。
 
 
 
[PR] がん保険の選び方で比較検討するために!
[PR] がん保険 比較
[PR] 終身 がん保険
[PR] アフラック がん保険
[PR] チューリッヒ がん保険
[PR] アリコ がん保険
[PR] がん保険を一括資料請求!

 
 

ソニー損保は安いのか?

医療保険とがん保険をセットにしても、けっこう安い商品がソニー損保にあるようです。

ただ、最近の医療は入院の短期化が進んでいるようで、がんであっても2週間程度の入院で、あとは通院治療になってしまうようです。

医療保険で入院保険もかねたいといっても、がんの場合、5年ほどの経過観察とか治療が必要ですが、そのすべてを医療保険でまかなうことは不可能だと思います。

万が一の場合の保険は大切ですが、今どんな保険に入っていていくら保険料に払っているのか定期的に見直すことも必要ですね。


医療保険の検討なら、その場で各社の保険料が見られる保険モール




生命保険に関する疑問は、匿名相談が可能な保険モールまで
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。